湘南モノレール(鎌倉市常盤)の駅や沿線の企業、施設などで7月29日から、子ども向けの「湘南モノレールのおしごと体験スペシャルin2017SUMMER」が開かれ、現在、後期分の申し込みを受け付けている。(湘南経済新聞)

 ボウリング場の仕事を体験できるほか、プロからの指導でボウリングを楽しむことができる

 昨年夏と冬、今年春の3回、子ども向けに駅員や乗務員の体験ができる「おしごと体験」を開いてきた同社。今回から沿線の企業や施設も加え、さまざまな体験を提供する。

 「駅員のおしごと体験」は大船駅で自動改札機や券売機の見学、駅の構内放送を体験。「乗務員のおしごと体験」は、指令室での点呼やアルコール検査、車内で切符にはさみを入れる体験などを行う。「駅員&乗務員のおしごと体験」は、駅員と乗務員体験のほか、車両先頭のカットモデルで運転操作も体験できる。

 「らい亭で配膳体験」は、そばと会席料理店「鎌倉山 らい亭」のスタッフとして配膳などを体験。「蛍光・蓄光テープで絵を描こう!」は富士見町駅前にある、日本有数の有機蛍光顔料メーカー「シンロイヒ」で、同社製品のテープを使って光る絵を描く。「水彩画で湘南モノレールを描こう!」は鎌倉在住の水彩画家・矢野元晴さんの指導で、学校では習わない水彩画の手法でモノレールを描く。

 「サッカーを学ぼう!」は湘南深沢駅近くの「湘南インドア球’S倶楽部」で公認ライセンスを所持するコーチによる指導を受ける。「湘南ボウルプロボウラーの親子レッスン&職場体験」は、小島和樹プロと櫻井麻美プロによるレッスンのほか、ボウリング場のフロント業務やマシンの裏側を見学する体験も。

 同社の花香晋生さんは「体験プログラムを鉄道事業だけでなく沿線の企業や施設に広げた。これからも子どもたちが未来への関心を育むために、さまざまな体験を提供していきたい」と話す。

 後期の開催日は8月13日〜27日。参加無料。ボウリングのみ親子500円(貸し靴代含む)。応募締め切りは同3日。各プログラムの日程など詳細はホームページで確認できる。