立川駅北口の商店街を食べ飲み歩くイベント「立川バル街」の前売りチケット販売が8月7日、始まった。(立川経済新聞)

 2013年から続く同イベントは今年で5回目。立川駅北口の柳通り商店会、立川北口駅前大通り商店会、あけぼの商店街振興組合が実行委員会を作り、共同開催している。

 今年の開催期間は9月10日〜12日の3日間。47店舗が参加する。参加者は4枚つづりのチケットを購入し、各店でチケット1枚につき特別メニュー1品とワンドリンクが楽しめる。

 チケット料金は、前売り=3,000円、当日=3,500円。前売りチケットは、イープラス、Famiポート、一部参加店で販売し、イベント当日に受付でマップ一体型チケットと引き換える。イープラスおよびFamiポートでの前売り特典付きチケット引換券(300枚限定)の購入特典として、「ガッチャマンクラウズ インサイト オリジナルクリアファイル」を用意する。

 開催初日には、チケット購入者に振る舞い酒を用意し国立音大学生によるコンサートを開く。期間中にはさかな芸人ハットリさんのライブ、フルート、バイオリン、ウクレレの生演奏なども行う予定。各店舗ではチケット1枚につき「ガッチャマン クラウズ インサイト」の立川限定描き下ろしコースターを1枚進呈する。浴衣の無料着付けサービスも用意(要予約)。

 同実行委員会の岩崎太郎さんは「仲間同士、カップル、お一人の方でも歓迎。料理やお酒を楽しむのもよし、イベントを楽しむのもよし、きっとお気に入りのお店が見つかる」と話す。

 開催時間は17時〜各店の閉店時間。使い切れなかったチケットは、9月13日〜15日に「後バル」参加店で1枚750円の金券として使うことができる。