「しろとり動物園(東かがわ市松原)」で7月14日、ポニーの赤ちゃんが2年ぶりに誕生した。(高松経済新聞)

 しろとり動物園入り口にあるオブジェ

 推定5歳の母親「りんご」と、4歳の父親「かい」の間に生まれたポニーの赤ちゃんはメスで、同園8頭目のポニーとなる。

 松村一史副園長によると、健康状態は現在、母子共に良好で、「りんご」が四六時中つきっきりの様子。赤ちゃんポニーの名前は8月下旬に公募を行う予定という。

 同園では8月5日から、「ナイト ズー」企画として毎週土曜、夜間も開園する。18時〜21時は入園料金を半額にし、ゾウやカバの食事風景観察、ライオンのエサさり体験、夜行性動物の展示などを行う。

 松村さんは「夏休みに入り客足も増えてきた。先月もライオンの赤ちゃんが生まれている。お客さまが足を運ぶきっかけになれば」と話す。

 開園時間9時〜17時。入園料金は、大人(中学生以上)=1,300円、小人(3歳以上)=600円。