高砂のパブ&レストラン「サン・はーばー」(高砂町細工町)で7月28日、ジャズライブが開かれる。(高砂経済新聞)

 演奏をする「小谷クインテット」の皆さん

 400種類余りの洋酒が並び、昭和レトロな雰囲気が漂う同店は、1958年に喫茶店として開業。現在は二代目の吉川隆雄さんが営む。

 ジャズライブは約30年前に店の客が演奏者を店主に紹介したことから始まり、以降毎月開催する。市内でジャズライブを開く飲食店は珍しいという。

 客層は40〜50代が中心で一人の来店客も多いという。参加者や演奏者と交流が生まれることも小規模なライブの醍醐味のひとつ。演奏者と客との距離が近く、迫力ある演奏を楽しむことができるという。

 現在は、神戸を中心に活動する大石カルテット&ボーカルと小谷クインテットがそれぞれ毎月1回演奏する。28日は、サックスやギター、ピアノなど5人編成の「小谷クインテット」がスタンダードな曲を約15曲演奏するという。

 店主の吉川隆雄さんは「一人でも入りやすい雰囲気になっているので、まずはジャズライブに来てほしい」と話す。

 料金は3,700円(ドリンク、フード付き)。
 問い合わせは、TEL 079-443-0007(サン・はーばー)まで。