「ハラダ」(本社=高崎市)が6月1日に発売するラスク「グーテ・デ・ロワ」の「ポケモン缶」の予約が絶好調で、急きょ製造数を増やしたことがわかった。(高崎前橋経済新聞)

 【写真】【写真】ポケモン個包装デザイン(20分の3個)を一気見

 グーテ・デ・ロワのポケモン缶はラスク発売20周年を記念した商品。5月8日に受付を始めたところ予約が殺到。詳細は非公開だが、担当者は「21日までに数万個の予約が入った」と声を弾ませる。

 商品は「ピカチュウ」「イーブイ」「プリン」「ミミッキュ」「カビゴン」を配したミニ、小、中、大サイズの缶に、20種類のポケットモンスターをあしらった個包装のラスクを詰めたもの。ポケモン仕様の包装紙、のし、ショッピングバッグも用意した。

 価格はミニ缶(2枚入り6袋)713円、小缶(2枚入り18袋)1,782円、中缶(2枚入り26袋)2,376円、大缶(2枚入り40袋)3,564円。

 販売は6月1日。直営店3店舗、全国の百貨店など24店舗、通信販売のほか「ポケモンセンター」14店舗で取り扱う。販売は8月下旬までを予定するが、なくなり次第終了。