天神ビル(福岡市中央区天神2)地下1階にうどん店「能古(のこ)うどん」がオープンして2カ月がたった。(天神経済新聞)

 みそ味としょうゆ味がある「もつ鍋」

「能古うどん」は福岡・佐賀に9店舗展開しており、天神エリアへは初出店。従来のお客さまからの要望に応え、天神店の出店に至ったという。運営は食品メーカー「セキワ物産」(城南区長尾3)。

 店舗面積は約27坪。席数は46席。店内は女性が一人でも気軽に入れるよう、明るく落ち着いた雰囲気を演出する。

 使ううどんはコシのある細麺が特徴。人気メニューは、「暑くなるこれからの季節にぴったり」(同店)という「肉玉ごぼう天ぶっかけ」(740円)、国産牛のモツを使い、みそ味としょうゆ味が一度に楽しめるという「もつ鍋食べ比べ」(2人前=2,560円)という。

 店長の島本穣二さんは「天神店は、ビール、焼酎、ワインなどアルコールも豊富にそろえている。つまみも多数用意し、他店舗にはない限定メニューもあるので、ランチだけでなく夜も来てほしい」と話す。

 営業時間は11時〜22時。