富山市城址公園と城址大通りで8月4日〜6日、恒例の「富山まつり」が開催される。(富山経済新聞)

 DANCE CUP北陸予選優勝者であり現役女子高校生HIPHOPダンサーのkotoriさん

「暑苦しくて、最高だ。暑苦しくて、超ヤバイ」をキャッチコピーに開く同イベントは今年で57回目。

 今年は、大規模な輪踊り「越中おわら踊り」をはじめ、「オジサマーロックフェス in TOYAMA」、城址大通りでパレードやステージ演舞を行う「よさこいとやま」、富山で活動するチームが出演する「ダンスイベント」「コスプレイベント」、チャンバラ合戦や甲冑着付け体験ができる「まちなか戦国体験イベント」、高所作業車やはしご車を体験できる「はたらくクルマ大集合」などで構成する。

 5日・6日は、城址公園東側広場特設ステージで「ダンスイベント」を開き、富山市出身のパフォーマー・ぶらっくすわんさんや現役女子高校生HIPHOPダンサー・kotoriさんなどのゲストパフォーマーらが登場。小中学生、高校生、大学生、20代それぞれのダンスチームによるオリジナルのパフォーマンス披露も行う。

 実行委員の富山商工会議所青年部・松尾壮一郎さんは「富山市民の多くの方に、富山ゆかりのパフォーマーたちと一緒にダンスをする機会を提供したかった。日頃の練習の成果を大勢の前で披露することで達成感を味わい、次への励みになってもらえれば」と話す。

 同ステージでは8月6日まで、「コスプレイベント」「レゲエ・ナイト」「真夏のフラダンス&フラメンコ」の開催も予定している。

 開催時間は、4日=18時〜20時、5日=11時〜21時、6日=9時〜21時。入場無料。