阪急うめだ本店(大阪市北区角田町、TEL 06-6361-1381)9階祝祭広場で7月27日、子どもから大人まで楽しめる絵本イベント「阪急えほんパーク2017」が始まった。(梅田経済新聞)

 中央には芝生を敷き、テーブルや椅子を用意する

 昨年初めて開催し、今回で2回目の同イベント。夏休みに親子で楽しめる絵本や、読書としても楽しめる大人向けの絵本など約1000種類を用意する。

 会場の絵本は、京都のこども絵本専門店「きんだあらんど」の蓮岡修店主が選んだ。パステルカラーを基調とした会場中央には、「ピクニック気分を味わってもらおう」と芝生を敷いた。0〜1歳、2〜3歳、4〜5歳、6〜7歳の年齢別、動物や乗り物などのテーマ別で選んだ絵本バスケットと、円テーブル、椅子を用意してその場で読めるようにした。

 そのほか、絵本作家としても知られるお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(にしのあきひろ)さんの作品や、「こぐまちゃんえほん」「ノンタン あそぼうよ」シリーズ、絵が飛び出す仕掛け絵本など話題作、人気作を紹介。若手絵本作家による作品も約50種類用意する。

 今回は新たに、大人向けの絵本コーナーも設置。芸術性の高い絵や文学性の高い文章、なかなか手に入らない希少な絵本など約200種類を用意する。そのほか、関西の有名絵本専門店店主による絵本の選び方講座や絵本カウンセラーによる読み聞かせなども連日開催する。

 隣接するカフェ「丸福珈琲店」「アルロイック」「かんみこより」では絵本に登場するキャラクターをイメージしたスイーツも販売する。

 営業時間は10時〜20時(金曜・土曜は21時まで、最終日は18時まで)。8月7日まで。