うめきた広場(大阪市北区大深町)で10月14日・15日、野球イベント「MLBロードショー」が開催される。主催はメジャーリーグベースボールジャパン(東京都港区)。(梅田経済新聞)

 日本が連覇した「WBC 2009」日韓戦の実物ベース

 「MLB(メジャーリーグベースボール)をもっと身近に感じてほしい」と開く同イベント。大リーガーの展示品や、野球の面白さを体験できるアトラクションで構成する。14日には桑田真澄さん、15日にはマック鈴木さんと藪恵壹さんが来場し、各日13時からMLBの魅力や体験を話す。

 広場には「ストラックアウト」「バッティングケージ」などを体験できるテントブースを12張以上設営。イチロー選手の盗塁速度で移動する電光と競争する「ベースラン」や、VRで「ホームランダービー」「スタジアム見学」が体験できるコーナーも用意する。「スピードガンチャレンジ」では、大人と子どもに分けて球速を競い、1日2回集計するランキングの上位5人にMLBグッズを贈呈する。

 うめきたSHIPホール2階に設ける「MLBミュージアム」には、イチロー選手のサイン入りバット、松井秀喜さんのヘルメットをはじめ、田中将大選手、前田健太選手のグローブやユニホームなどを展示。青木宣親選手が使った練習用バットや、ダルビッシュ有選手のレプリカスパイクなどは手に取ることができる。

 主催するメジャーリーグ ベースボール ジャパンの高橋諒さんは「元大リーガーの体験談や、アイテムを通じてMLBの魅力を伝えたい。野球に興味がない方も遊びを通じて楽しんでもらえたら」と話す。

 開催時間は10時〜17時。入場・体験無料。