浦和ジュニア・チアリーディングクラブ「レッドモンキーズ」が7月29日、駒場体育館(浦和区駒場2)で体験会を行う。
 
 同クラブは、1994年に保護者が結成し、小学生から中学生までの女児約40人で構成する。ダンスやモーション、組体操技術などのアクロバティックな技を入れ、「元気・勇気・笑顔」をモットーに演技を披露する。浦和レッズレディースの応援や地域のイベントで演技をしながら、大会に向けて活動する。先月6月に行われた関東大会では、小学生高学年部門「第二位」、エキシビション部門で技能賞、チアリーディング協会からジュニアクラブチームで唯一「特別功労賞」も受賞した。(浦和経済新聞)

 関東大会に出場した時の様子

 同クラブを指導するのは、高校のチアリーディング部コーチとして活躍する石川倫子さん。手振り身振りで一人一人に声を掛けながらチームをまとめる。体験会は、年少から中学生までの女児が対象。石川さんは「体験会では、軽快なリズムに合わせてダンスを教えたり、実際にポンポンを使ったり、スタンツ(組んで行う演技)などを教える予定。チアの楽しさを伝えられたら」と話す。

 同クラブ代表で3姉妹の母親の山本展代さんは「メンバーを見ていると、快活で笑顔を忘れず協調性も培われていると思う。見ていて本当に楽しそうで『やっていて良かったね』と家族でよく話をしている。チアに興味がある方、チームがどんな雰囲気か気になっている方、どうぞ気軽にご参加いただければ」と初心者を歓迎する。

 開催時間は9時30分〜10時30分まで。参加無料。申し込み方法など詳細はホームページで確認できる。