親子向けイベント「白鷹町産材を使ったイスづくりとモルック体験」が6月20日、パレス松風(西置賜郡白鷹町十王)のコンベンションホールで行われる。(山形経済新聞)

 椅子づくりイベントは従来、毎年秋に行われる「白鷹鮎まつり」で同町商工会による木工体験ブースで行ってきたが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止した。今回のイベントは、商工会に替わり白鷹町地域おこし協力隊が主催する。同隊員の廣瀬將丈さんは「さまざまなイベントが中止となる中で、子どもたちの楽しみを作りたいと考え企画した」と説明する。

 椅子の組み立て方は、同町商工会建工部会の大工が講師を務める。対象は小学生以上で、椅子づくりには電動工具などを使用するため保護者の同伴が必要。廣瀬さんは「自宅に持ち帰った椅子を使う度に、親子で組み立てた思い出を振り返ってもらえれば」と期待を寄せる。

 イベントでは椅子づくりのほか、フィンランド発祥のスポーツ「モルック」の体験会も行う。廣瀬さんは「『木育』ということで木と触れ合う機会になればと思い、木製の道具で楽しむモルックもイベントに取り入れた。誰でもできるスポーツなので、親子で協力したり、対戦したりしながら楽しんでもらえれば」と話す。

 開始時間は10時、11時、13時、14時の4回で所要時間は各約1時間。定員は各回6組12人まで。参加費は1組=2,000円。問い合わせ・申し込みはパレス松風(TEL 0238-85-1001)まで。