西宇部の医療・福祉複合施設「FITタウン」内のカフェ「カフェ・ド・オーラ」(宇部市沖ノ旦、TEL 0836-45-0723)が7月2日、5周年を迎えた。(山口宇部経済新聞)

 5周年を記念して提供するランチメニュー

 2012年に、宇部西リハビリテーション病院を核とする同施設内にオープン。食品の卸売を手掛ける「ジャパンフード」(西岐波)が飲食事業として初出店し、運営してきた。

 コンセプトは「焼き立てパンと洋食ランチの店」。店内の工房で焼き上げる約30種類のパンの提供とランチ営業に注力。店内はパン販売スペースと17席を備えるカフェスペースに分かれ、それぞれの目的で利用できる。

 ランチメニューは、「ステーキランチ」(1,200円)や日替わりの肉か魚料理で提供する「プレートランチ」のほか、「夏野菜のトマトソース」や「ジャージャーピリ辛ミートソース」など季節のパスタが選べる「パスタランチ」(以上850円)などを提供。11時までは「モーニングセット」(550円)も用意する。

 オープンからこれまでについて「院内のカフェながらも地域の方の来店が多い」と店長の堀規矩子さん。「当初は院内のスタッフや見舞客の利用が多かったが、2〜3年目から流れが変わり、今では口コミも増えて当店を目的に来られる方が目立つ」と笑顔を見せる。

 「とびきり明るい接客と、ほっこりとした気持で過ごしてもらえる雰囲気作りを心掛けてきた。これからも同じスタイルで少しずつファンを増やしていきたい」とも。

 営業時間は8時〜17時(ランチタイムは11時〜14時30分)。日曜・祝日定休。