国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)に参加する共同通信のパナマ文書分析で6日、宮崎県の会社代表がタックスヘイブン(租税回避地)の英領バージン諸島に法人を設立していたことが分かった。