都城高の山本由伸投手(18)がオリックスから4位指名を受けた直後、出身地の岡山県から駆け付けた母由美さん(46)は、息子と固い握手を交わした。「本当にうれしい限り。多くの人に夢を与えられるようになってほしい」と笑顔があふれた。会場に来られなかった父忠伸さん(46)も「これから努力して頑張ってもらいたい」と祝福した。