九州の魅力を発信する合同物産展は17日、東京・大手町のオフィス街で始まった。経団連などに加盟する企業約90社でつくる「オリンピック・パラリンピック等経済界協議会」と本県など九州7県、九州経済連合会の共催。九州各県が大手町周辺のオフィスビルのロビーに出展し、特産品をアピールした。18日まで。