「戦友を弔いたい」-。太平洋戦争末期、広島県呉市の呉軍港が米空母艦載機の空襲を受け、大破した戦艦「日向」の乗組員が本県にいる。宮崎市恒久南1丁目の原田定典さん(91)は24日、3度目の訪問となる現地で献花とともにギターで歌い、戦没者の霊を慰めた。高齢のため慰霊の旅は今回限りとなり、「生き残った者の務めを全うできた」と話している。