新富町の富田浜で24日、県天然記念物・アカウミガメの卵のふ化が始まった。保護活動に取り組んでいる野生動物研究会新富班(根井武俊代表、9人)が毎朝日の出前に、保護した卵から生まれた子ガメを海に放流。大きくなって再び同浜に戻ってくることを願っている。