都城市の友好交流都市モンゴル・ウランバートル市を訪問する都城市民交流団の出発式が25日、市役所であった。抽選で選ばれた13〜69歳の男女10人が参加。7泊8日の日程で、遊牧民の移動式住居「ゲル」での生活体験や浴衣姿での「もちお桜音頭」披露などで交流を深める。同市からの交流団派遣は9年ぶり。