県警は8月から、運転免許センターなどを訪ねることができない高齢者を対象に、代理人による運転免許証の自主返納を受け付ける。これまでは本人の窓口申請のみ。病気による入院や介護施設への入所などで窓口に行けないことも多く、代理申請の導入を求める声が上がっていた。