南海トラフ巨大地震に備え、高鍋町が同町・蚊口西の二地区に建設する同町初の津波避難タワーの起工式は7月24日、建設予定地の蚊口保育園跡地であった。鉄筋コンクリート造りの2層構造で高さ9メートル、415人を収容できる。タワーは12月末完成予定で、来年2月までに周辺工事を終えて開所する予定。