JA西都(平島善範組合長)の本年産早期米の初検査と出発式は7月25日、同JA第1集出荷場であった。持ち込まれた約12・8トン(30キロ入り428袋)は約84%が1等米と、品質は良好。生産者やJA職員らが全量販売を願い、関東、関西方面へ向かうトラックを見送った。出荷は8月上旬まで続く見込み。