日南市宮浦の鵜戸神宮(本部雅裕宮司)は2日、近くにある旧鵜戸小前の御神田で抜穂祭を行った。かすり着物姿の刈女(かりめ)らが、稲穂の成長に感謝しつつ、鎌で稲を刈り取った。