ヘルパーなどの障害福祉サービスを無償で利用する障害者が65歳から介護保険制度に組み込まれ、自己負担が生じたり利用が制限されたりする「65歳問題」。従来のサービス継続や、介護保険で補えないサービスの上乗せについては、自治体の判断に委ねられており、県内でも対応が分かれている。