学校現場の教育課題を共有しようと、宮崎市教委と市内の小中学校教員による意見交換会は8日、同市清武総合支所の教育委員会室であった。毎年開いており、今年は「いじめの未然防止」をテーマに教員7人と教育長、教育委員計12人が意見を交わした。