北朝鮮による米領グアム周辺へのミサイル発射計画が明らかになった10日、県危機管理課は消防庁からの情報や初動対応の手続きをあらためて市町村に伝達するなどして対応に当たった。本県は、上空を通過すると名指しされてはいないが、担当者は「ルートを離れ本県に影響が及ぶかもしれないと考えておく必要がある」と緊張感を高めていた。