お盆を本県で迎える人たちの帰省ラッシュが10日、始まった。宮崎ブーゲンビリア空港の到着ロビーは、大きな手荷物や土産を持った帰省客と、出迎えの家族や友人で混雑し、成長した孫の姿に「大きくなったね」「待ってたよ」と声を掛けたり、抱き合ったりする姿が見られた。