えびの市は18日、弾道ミサイル落下に備えた避難訓練を同市の加久藤中(湯浅正博校長、112人)で行った。全校生徒と教職員が参加。ミサイル発射を伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の音声に従って避難を行い、有事に備えた行動手順を確認した。