県は31日、県内で昨年末以降、A型肝炎患者が急増していると発表した。12月25日から1月30日までの患者数は8人に上り、このうち6人は今年に入って確認された。過去10年間で比較すると、最多となった2014年(15人)に次ぐ高い水準となっている。