文化庁から7日に発表された芸術選奨で、文部科学大臣賞19人に都城市出身の永瀬正敏さん(51)も名を連ねた。永瀬さんは1983(昭和58)年にデビュー。「息子」(91年)で日本アカデミー賞など10の映画賞の主演・助演男優賞に輝き、その後も国内外の映画賞を数多く受賞。写真家としても活動し、本県でも個展を開催している。