宮崎市など県内19市町村の小中学校で7日、3学期制の始業式と2学期制の冬休み明け最初の授業があった。児童、生徒らは学年の締めくくりへ向け、寒さに負けず元気にスタートを切った。

 このうち西都市の妻北小(杉田康之校長、510人)では体育館で始業式が行われ、子どもたちが楽しかった冬休みの思い出を胸に笑顔で参加。5年生の代表3人が全校児童の前で「整理整頓を頑張る」「無遅刻、無欠席」「授業で積極的に発表する」などと新年の目標を発表した。