児童に登下校中の防犯意識を高めてもらおうと、東諸県地区防犯協会(菅修蔵会長)は、宮崎市高岡町と国富、綾町の全7小学校の児童約2千人に、防犯啓発の文具セットを贈った。5月末に川崎市で登校中の児童ら20人が殺傷された事件を受けて寄贈を決めた。文具セットには鉛筆、消しゴム、定規が入っており、それぞれに「(知らない人に)付いて行かない」「大声を出す」など、不審者から身を守る行動をまとめた防犯標語「いかのおすし」と、イラストが描かれている。