創立147年と都城市で最も歴史がある明道小(永野高行校長、229人)の初代校長・木幡栄周(こはた・えいしゅう)さん(1825〜80年)の親族21人(3〜74歳)が、福岡市から同校を初めて訪れた。学校沿革史や校長室に飾られた脇差し姿の写真などを見学。西郷隆盛らとも交流があった偉大な先祖の足跡に触れ、家族の歴史をかみしめていた。