県内は7日、対馬海峡付近に停滞する梅雨前線の影響で大気の状態が非常に不安定となり、山沿いを中心に昼前後に非常に激しい雨が降る恐れがある。福岡管区気象台は「局地的に豪雨をもたらす線状降水帯を形成する可能性もある」として警戒を呼び掛けている。