県内は6日、梅雨前線の影響で局地的に非常に激しい雨が降った。串間市では午前7時10分までの1時間に約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を出した。同市・本城川が氾濫したほか、日南市酒谷の国道222号で土砂崩れが発生するなど各地で道路の通行止め、冠水が相次いだ。西米良村では国道219号の寸断で一部地区が”孤立状態”となっていることも新たに判明した。