妊産婦の支援を行う宮崎市の市民団体「ワン&オンリー宮崎いのちの会」(松田くるみ代表、約40人)は27日、同市に国の特別定額給付金の対象外となる新生児への経済的支援を要望した=写真。県内では木城、新富、高千穂町が新生児に対する同給付金と同額の10万円の独自給付を決めており、同団体は他の22市町村にも要望している。