政府が新富町の航空自衛隊新田原基地に最新鋭ステルス戦闘機F35Bを配備する方向で調整している問題で、県議会総務政策常任委員会(野崎幸士委員長、8人)は12日、国に速やかな情報提供を求める意見書案を提出することを全会一致で決めた。15日開会の臨時議会本会議に委員会発議で提案し、可決される見通し。