新富町・航空自衛隊新田原基地の周辺住民178人が、自衛隊機の飛行差し止めと騒音被害の賠償を国に求めた訴訟の判決で、宮崎地裁は28日、騒音被害は受忍限度を超えて違法と認め、国に総額約1億2379万円の賠償を命じた。飛行差し止めや、将来分の賠償請求は退けた。自衛隊が単独で運用する基地の騒音訴訟の判決は全国初だが、各地の訴訟の判例を踏襲する司法判断となった。原告は同日、控訴する方針を示した。