椎葉村でベトナム人技能実習生を含む4人が犠牲となった昨年9月の台風10号による土砂崩れ発生から、6日で1年を迎える。家族、息子のように面倒を見た実習生、自宅―。多くを失った建設業「相生(あいおい)組」社長、相生秀樹さん(71)はこの1年、癒えない傷と向き合いながら、周囲の励ましを支えに「自分にできることを一生懸命やる」と前に進んできた。県内に住むベトナム人らも夢半ばで亡くなった同胞に思いを寄せ続けている。