新富町の航空自衛隊新田原基地に国が最新鋭ステルス戦闘機F35Bの配備を計画している問題で、同町の小嶋崇嗣町長は6日、国が騒音対策として住宅防音工事の対象拡大を提案していることを踏まえ、「受け入れを前提に協議していきたい」とし、事実上容認する考えを示した。町議会一般質問で揖斐(いび)兼久議員に答えた。配備計画に対して住民に賛否の声がある中、今後の国の対応が注目される。