新富町の航空自衛隊新田原基地に国が最新鋭ステルス戦闘機F35Bの配備を計画している問題で、西都市は10日、国が騒音対策として提案している住宅防音工事の助成対象拡大で、同市で新たに約550世帯が対象となる見込みであることを明らかにした。同日の市議会一般質問で、兼松道男議員(新風会)に池澤雄一危機管理課長が答えた。