自民党新総裁に岸田文雄氏が選出された29日、県内の特定失踪者の家族らは北朝鮮拉致問題の進展に向け具体的な動きを求めた。
 「拉致問題を重要課題として捉え、行動してほしい」。1988年に父の明さん=当時(52)=が行方不明になった特定失踪者家族会幹事の水居徹さん(61)=宮崎市=は訴える。岸田新総裁への期待は”未知数”としつつ、「菅政権では期待に反し進展はなかった。北朝鮮に対して強気な姿勢で臨んでもらいたい」と力を込めた。