宮崎市の障害者福祉事業所への給付費過払い問題で、市は30日、関係する職員16人を処分した。このうち3人は戒告の懲戒処分。また、一連の問題の責任を取るとして戸敷正市長が給与の10分の3を1カ月減額、田上明彦、河野太郎副市長は、給与の10分の1を自主返納する。