宮崎、大分県警の合同捜査本部が県内で初適用となる組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)の疑いで、特定抗争指定暴力団山口組2次団体「石井一家」(大分市)のトップらを9月下旬に逮捕した。組織壊滅に向け慎重に捜査を進めてきた警察当局の執念で「九州の山口組を率いる大物」(捜査関係者)の逮捕に踏み切ったが、九州の勢力図への影響は大きく、本県内の暴力団組織の今後の動きは不透明。さらなる対立につながる恐れもあり、県警は警戒を強めている。