国が新富町の航空自衛隊新田原基地に最新鋭ステルス戦闘機F35Bの配備を計画している問題で、防衛省九州防衛局は13日、同町の区長向け説明会を町文化会館で開いた=写真。同局側が配備計画の概要や住宅防音工事の拡大案について説明。区長からは配備計画自体に反対する声は出なかったが、防音工事の助成対象をさらに広げるよう求める声などが上がった。