宮崎市は14日、2022年度の予算編成方針を発表した。当初予算は来年1月の市長選を控えた「骨格予算」とし、政策的経費は同6月の市議会定例会に補正予算で計上する。予算要求ではコロナ禍に対応する取り組みに重点を置き、行政手続きの効率化などデジタル化推進事業には21年度比2倍の4億円を確保した。