17日に閉幕した「国文祭・芸文祭みやざき2020」。宮崎市のメディキット県民文化センターで同日あった閉会式で、両祭を映像で振り返ると、宮崎の文化の多様さが再認識できた。最終ステージ「グランドフィナーレ」には、若者を中心に約110人が出演し、神楽や民謡、ダンスなどで躍動。日向市美々津に伝わる神武天皇のお船出伝説に重ね、”宮崎の宝”である足元の文化を県外へ、さらには海外へと発信していく決意を体現した。