川南町の子育て世帯に食料を無償配布するフードバンク「もぐぴよ便」が始動した。同町社会福祉協議会(小嶋明夫会長)が、持続可能な開発目標(SDGs)の視点でフードロス削減を図ろうと設立。第1弾では15世帯に、農家や企業から募った食料を届けた。
 配布対象は、18歳以下の子どもがいて、「生活が大変だ」と感じている町内世帯。あらゆる事情に対応できるよう、細かな要件は設けていない。毎月第4木曜日、1人10食分を目安に自宅まで届ける。17日時点で22世帯から配布の申し込みがあり、食料提供元として町内14の農園や小売店が名を連ねる。
 初回の4月28日配布分は、コメやスイートコーンなどの野菜、果物、賞味期限の近いレトルト食品、調味料、菓子類が集まった。ボランティア4人と町社協職員が町老人福祉館で世帯別に仕分けし、配達に向かった。
 町社協生活支援係の山本拓さんは「食料配布の機会を通して、各家庭の状況や困り事を気軽に相談してもらえたら」と話す。
 配布希望世帯には、事前にアレルギーの有無などを町社協職員が聞き取る。既に公的支援を受けているとして、生活保護受給世帯は対象外。配布後、なお余った食料の一部は、児童養護施設や高齢者福祉施設に贈る。食料配布の希望、協力申し出は町社協(電話)0983(21)3802。