任期満了に伴う三股町長選と自主解散に伴う町議選は11日投開票され、町長選は現職の木佐貫辰生氏(69)=無所属=が、5417票を獲得し4選を果たした。新人で前町議の福田新一氏(67)=同=と675票差だった。12年ぶりの選挙となったが投票率は50・45%(男性49・73%、女性51・06%)にとどまり、前回2010年を3・61ポイント下回って過去最低だった。(23面に「新町長に聞く」、2面に町議選得票と当選者名鑑) 木佐貫氏は子育て支援の充実など3期12年の実績をアピールし町政継続を強調。町営五本松団地跡地を活用した中心部活性化事業や交通網再編などを掲げて支持を集めた。