九州防衛局(福岡市)は22日、新富町の航空自衛隊新田原基地(藤永国博司令)で在日米軍再編に伴う日米共同訓練を12月8〜20日の13日間で実施すると発表した。同基地での日米共同訓練は昨年に続き12回目で、参加する米軍人は過去最大規模の約300人。期間中には2024年度から同基地に配備予定の機体と同型機で、米軍岩国基地(山口県)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35B2機が飛来する。