鉄道車両を使用した「NBC(核、生物、化学物質)災害対応訓練」は5日、都城市のJR都城駅であった。市南消防署が初めて企画し、県警や鉄道、医療関係者ら約80人が参加。実際の装備を用い、連携して車両から負傷者を運び出す方法などを確認した。